BRIDGESTONE あなたと、つぎの景色へBRIDGESTONE あなたと、つぎの景色へBRIDGESTONE WORLD SOLAR CHALLENGE

BRIDGESTONE WORLD SOLAR CHALLENGEBRIDGESTONE

ブリヂストン 協賛の想い若き技術者たちの夢への
挑戦を
支えていきます。

「2017 Bridgestone World Solar Challenge」が多くの皆様に支えられ、開催されますことを心よりお慶び申し上げます。また、当社グループは2013、2015年に引き続き、当レースに冠スポンサーとして協賛できることを大変光栄に思います。

株式会社ブリヂストンは1931年に石橋正二郎により設立され、「最高の品質で社会に貢献」を企業理念の使命として掲げ、現在26か国に180以上 の生産・開発拠点を持ち、150以上の国々で事業を展開しております。

当社グループは2017年3月、この「最高の品質で社会に貢献」という使命を基本軸として、過去から取り組んできた活動の経験や成果を活かしながら、より高いレベルを目指すための新たなCSR(企業の社会的責任)の体系として、「Our Way to Serve」を制定しました。そして、「モビリティの進化に貢献する」「一人ひとりの生活と地域社会を支える」「環境負荷を低減し、より良い環境を残す」の3つを重点領域に定め、今後さらに社会に、そして世界に貢献し続けていきたいと考えています。

重点領域

重点領域の詳細を見る
詳細を見る

ソーラーエネルギーを動力源とする車両の環境技術開発を促進するとともに、将来を担う世界中の若いエンジニアの育成機会を提供するという当大会の趣旨は、まさにこの「Our Way to Serve」にこめた、「モビリティ」、「一人ひとりの生活」、「環境」の三つをすべて含む、われわれブリヂストンの思いを体現したイベントであり、協賛を通じて人々がより安全・快適に移動し、生活し、働き、そして楽しむことに貢献をしていきたいと願っています。

ecopia with ologic

また、この「2017 Bridgestone World Solar Challenge」では、CO2排出量削減に貢献する低燃費タイヤ「ECOPIA with ologic」など、当社グループの革新的な環境技術を引き続き投入することで、「持続可能な社会の実現」という大切なメッセージを伝えるとともに、若き技術者たちの夢への挑戦を支え、ともにジャーニーを続けていきたいと考えています。

参加各チームの技術力と情熱を結集した、ソーラーカーによる新時代のレースを是非お楽しみください。
当レースの成功を心よりお祈り申し上げます。

株式会社ブリヂストン
専務執行役員
CMO・マーケティングソリューション戦略管掌
友本 貴士