BRIDGESTONE あなたと、つぎの景色へBRIDGESTONE あなたと、つぎの景色へBRIDGESTONE WORLD SOLAR CHALLENGE

BRIDGESTONE WORLD SOLAR CHALLENGEBRIDGESTONE

Bridgestone World Solar Challenge (BWSC)に懸ける想い

敵が背後に迫ろうとも、
勝利は必ず勝ち取る

参加者

Tim van Leeuwen

Nuon Solar Team 2015

Delft University of Technology

オランダ

一番印象に残った
BWSCの思い出

BWSCで一番印象に残っている思い出を聞かれたら、2015年10月22日を思い出します。これまでの人生でこれほどの感情が押し寄せてきた出来事はありません。前日、8分のリードを保っていたので、敵に追い付かれる心配はありませんでしたが、翌朝、目覚めて雲で空一面が覆われているのが見えました。不安と緊張が全チームメンバーに走った出発時間の午前8時。

私たちの車両Nuna8を運転している間、競合チームがその時何処で何をしているのかわからず、彼らの赤い車体が通り過ぎないように祈ることに必死でした。
その時、幸運にも雲が消え、日の光が増すに連れNuna8の速度はみるみるうちに上がり、電池が空であるにも関わらず最高で時速105キロに到達しました。
速度制限が時速90キロ、60キロと下がり、太陽光の力だけでも難なく走れるポイントを通過すると、ホッと胸をなでおろしました。

そして、最終コーナーを2つ曲がり、フィニッシュラインを超えた瞬間、車体から飛び出したチームメンバーと喜びを分かち合った時、ようやく心の底から安心できました。一年以上かけて築いてきた絆、努力と乗り越えてきた難関はすべてNuna8でゴールした瞬間、友人や家族の声援に包まれたあの一瞬で報われました。