BRIDGESTONE あなたと、つぎの景色へBRIDGESTONE あなたと、つぎの景色へBRIDGESTONE WORLD SOLAR CHALLENGE

BRIDGESTONE WORLD SOLAR CHALLENGEBRIDGESTONE

大会の見どころ大会を楽しむための簡単ガイド

Bridgestone World Solar Challenge(BWSC)は、ただ環境に優しいというだけのソーラーカーレースではありません。
大会主催者のクリス・セルウッド氏による、本イベントの見どころをご紹介します。

Point 1 技術的挑戦

ソーラーカーの製作自体は、技術的にはそれほど難しい訳ではありません。しかし、BWSCに参戦する車両は効率的で、信頼でき、そして何より大会の基準を満たすものでなければなりません。これらにより、難易度が格段と高い挑戦となるのです。

効率性

チャレンジャークラスの場合は「誰よりも早くフィニッシュラインを越えるため」、クルーザークラスの場合は「与えられた時間内に走破するため」、ソーラーカーは効率的に太陽光エネルギーを変換しなければなりません。

信頼性

ソーラーカーは、約3,000kmを縦断できるほど頑丈で、公道を安全に走行できるものでなければなりません。

設計上の制約

参戦車両は主催者専属の科学部門が定めた細かいルール、並びに通常の交通ルールを共に満たす設計でなければなりません。大会独自のルールは参加チームが常に挑戦し続けられるよう、定期的に精査・更新されています。簡単な挑戦だとチームは興味を失いかねないため、難易度は容赦ありません!

クルーザークラスにとっては実用性が鍵となります。交通ルールに従うのは勿論、エンドユーザーにとって魅力的な車でなければならず、クルマづくりの醍醐味を直接経験することになります。

最近では大会を超え、自分たちのソーラーカー製品を商業化しようとするチームも出てきており、まだ軽量な電気車両が公道を走ることを想定しきれていない規制当局をうならせています。

Point 2 オーストラリアの大自然での冒険

BWSC壮大な冒険です。やはりオーストラリア人が「距離の暴虐」と呼ぶだけあり、オーストラリアのアウトバックは間違いなく辺鄙な場所です。燃料や生活必需品を提供する”ロードハウス”は数百キロ間隔で配置されていますが、その間にはあるのは“全て”と“無”なのです。都会に街に暮らす人々が慣れ親しむものは何もない一方、先住民の生活を何万年と支えてきた“全て”があるのです。

これこそが冒険なのです。この太古を駆け抜けるには緻密な計画、そしてチームとしての秩序が必要です。

大会のルール上、各チームは午前8時から午後5時までの間しか走行することが出来ません。ちょうど午後5時に快適なモーテルにたどり着くことはまず無いため、参加者は砂漠のどこであろうとテントを張り、自給自足出来なければなりません。
一方で、南半球の億千の星の下でのキャンプは忘れられない体験になるでしょう。

自分達のソーラーカーの修理とメンテンナンスといった点での自足能力も、大会のこの挑戦に欠かせない要素です。

Point 3 自己成長の場

大会に参加するラッキーな若きデザイナーやエンジニアにとって、BWSCは単なる冒険や実績をはるかに超えた貴重な経験となります。学問の領域を超えてチームで1つのゴールを目指す得難い体験なのです。

タスクは多種多様で、科学、技術、工学、数学というSTEMの科目を探求しつつ、調達、資源、資金、流通そして責任といった基礎分野にも関わります。

これらの理由により、ソーラーカーチームのOB・OGは、イノベーションや複雑な問題解決に必要な思考能力を養った人材として、新生ハイテク企業から引っ張りだこです。

Point 4 BWSCの精神

BWSCは特別な文化を築いてきました。
この特別な大会に挑むことはチーム間にも仲間意識をもたらせます。切磋琢磨の精神は本大会のあらゆる各要素に浸透しています。資金が潤沢な名門チームなど、名声や将来的な資金調達のために結果が求められることもありますが、チーム間での協力もしばしば見受けられます。

お互いにスペアパーツを分け合ったり、新参チームにアドバイスしたり、お互いに励まし合ったりと…
スポーツマンシップを見せたチームに与えられる「BWSCの精神」賞までも存在するのです。